ABOUT US

私たちについて

ローカルフラッグは、民間のまちづくり会社として

中間支援やコンサルティングの役割だけでなく

自らが動き、事業を作り上げることで「地域の旗振り役」として

地域の内外を問わず、志ある方を巻き込み

経済・雇用・人材育成などの好循環を生みだす

「持続可能な地域づくり」を目指しています

​MISSION

地域の旗振り役になる
MEMBER

メンバー紹介

IMG_0512_edited_edited.jpg

​代表取締役

​濱田 祐太

1996年生まれ。京都府与謝野町出身。高校生のときから、地元丹後の活性化を志し、大学入学後は、地方議員の事務所にてインターンシップを行う。その経験から政治ではなくビジネスで地域課題の解決に取り組みたいと考えるようになる。2019年7月、関西学院大学在学中に、(株)ローカルフラッグを立ち上げ、京都府与謝野町を中心に、若者によるチャレンジ(起業・事業承継等)を促進して地域の雇用や地域課題解決につなげるべく挑戦中。

  • Twitter
IMG_4806.jpg

社員

野村 京平

京都府与謝野町出身。同志社大学商学部を卒業後、(株)リクルートにて新卒採用人事を3年間務める。その後同社じゃらんリサーチセンターのエリアプロデューサーとして官民連携した地域の観光開発に従事。一方、2020年4月より副業として、(株)ローカルフラッグのビール事業立ち上げに参画。2022年6月よりビール事業責任者として同社へ入社。ビールの魅力を丹後地域・日本中へ伝播、ビールの持つ文化的側面を通した丹後地域の振興を願い活動中。2023年の醸造所開業に向け、岐阜県のカマドブリュワリーはじめ全国各地で醸造研修を行う。

  • Twitter
IMG_1797-2.jpg

​社員

梅田 優希

1997年生まれ京丹後市出身。大学在学中に丹後地域の活性化に興味を持ち、あるイベントで社長の濱田と出会う。濱田の熱意と行動力に引かれローカルフラッグへの参画を決意。地域課題に繋がる事業、丹後地域の新たなチャレンジャーの発掘、増進、創出を行い持続可能なまちづくりを目指す。また自らがリスクを取ってチャレンジする若者のモデルとなれるように日々活動を行う。

  • Twitter
IMG_5945.jpeg

社員

高橋 友樹

神奈川県川崎市出身。初めての来訪時に地元の飲み会でASOBIを飲み、あまりの美味しさに感動。「ここならなにか面白い事ができそう」と参画を決意し、2021年の4月に丹後地域にスピード移住。あまりの早さに仕事や家が決まる前に車を先に購入してしまう。現在は移住窓口や地域の合同新入社員研修などを担当している傍ら、個人では鍼灸師としても活動している。丹後で楽しく暮らす人を増やしたい!そんな想いでまちづくりと鍼灸に日々向き合っている。

​鍼灸qitrip宮津

  • Twitter
COMPANY

会社概要

社名

株式会社ローカルフラッグ

本社

〒629-2261 京都府与謝郡与謝野町字男山119-5

代表者

代表取締役社長 濱田 祐太

設立

2019年(令和元年)7月

資本金

660万円(資本準備金含む、2021年6月末時点)

従業員数

3名(2021年6月末時点)

役員

​代表取締役社長 濱田 祐太

事業や採用についてなど
お気軽にお問い合わせください